【子育てママパパ向け】スマホよりもカメラが優秀?初心者が悩むカメラ選び

アイキャッチ

子供の写真もっと綺麗に撮影したいと思ったことはありませんか?

本格的なカメラで撮影できれば綺麗に撮影できるんだろうかとかお悩みがあったりしませんか?

カメラの世界はとても奥が深く一歩間違えれば深い深いカメラ沼へ導かれてしまうことも。


そんな私も落ちているカメラ沼に皆さまが落ちないようにする為
アドバイスをするカメラについてのお話になります

ご興味があれば最後まで見て行って頂けると幸いです

こんな方に読んでほしい
  • 子供の成長に合わせてカメラを買うか考えている
  • ミラーレスカメラを買えばキレイに写る
  • スマホカメラに不満がある

カメラの用途

どういう目的でカメラを使用したいかで
どういうカメラが欲しいか全く変わってきます
例えば子供を綺麗に撮りたいなどがパパママ世代が求める事でしょう

私が始めた頃はスマートフォンなんてものはありませんでした

もちろんカメラ付き携帯はありましたよ

カメラ付き携帯

しかし当時のカメラでは気軽に撮影しても
今の時代のようにスマホで気軽に見るなんて事をしている方は中々居なかったのが現状です

昔と違いSNS をきっかけに写真と言うものが一般の方に浸透してきました

さて皆様の求める写真の目的はどう言ったものになりますか?

子供の成長の記録
旅行など日常の記録
それともしっかりカメラを構えての作品などを撮影したい方などいらっしゃるのではないでしょうか?

作品などを撮影される方は私のブログをご覧にならなくても解決されると思いますので
全くカメラに関してご存じがない方についてのカメラの種類でどんな写真が撮れるかについての説明になります

カメラの種類

カメラと言っても沢山の種類があります。

身近なもので言えばスマートフォン
そして流行りのミラーレス
もう過去のものとなりつつある一眼レフ
そしてコンパクトデジタルカメラですね

スマートフォン

iPhone12画像

これは説明することもないと思いますが、誰でも気軽に綺麗撮影できます

最近はスマートフォンにも複数のレンズが装着され
広く撮れる超広角レンズからポートレートに最適な70mm程度のレンズを装備したスマートフォンが一般的になっております

高性能の処理エンジンなどを利用して複数画像を合成して一枚の画像としたり昔では考えられないほど良い画像が出てくるようになりました

iPhoneなら4万円台から15万円くらいまで、Androidなら1万円から15万くらいまで

コンパクトデジタルカメラ

ZV1画像

手軽に持ち運びが出来るカメラになります

最近ではスマホの登場により売り上げも落ちメーカーも色々な努力で新しい製品が出ています

どちらかと言えばスマホと差別化した機能で売り出していることが多いです

プールや海でも撮影できる防水タイプのカメラ
ボケなどや感度を上げてのノイズが乗りにくい大きなセンサーを搭載した高級カメラ
スマホでは撮影出来ない領域の撮影が出来る望遠レンズを搭載したカメラなどです

主に1万円から20万円ぐらい(ブランドカメラを除く)

私がおすすめするカメラもコンパクトデジタルカメラです▼

ZV1アイキャッチ
RX100M7アイキャッチ

ミラーレスカメラ(一眼レフカメラ)

X-S10にXF35mmF1.4を装着した写真

最近のレンズ交換式カメラと言えば
ほぼミラーレスカメラではないでしょうか

レンズ交換をすると事で超広角の写真から望遠の写真まで幅広く撮影する事が可能です

センサーサイズが大きい為背景をぼかして撮影したり
薄暗い場所などでの撮影時にスマホでは撮影出来ない写真を写す事が出来ます

一眼レフカメラはレンズを通った物を直接見る(望遠鏡と同じ原理)
ミラーレスカメラは大まかに言うとセンサーが読み込んでいる映像を小さなモニターに映しそれを覗いていると言うイメージです

一眼レフカメラでは撮影した後にしかどう言う感じに写るかわかりませんでしたが、
ミラーレスカメラではセンサーが読み込んでいる映像がそのまま映し出される為見ている映像そのものが画像として出てくると言うことになります

ミラーレスカメラはファインダーに写す為のミラーがない為、主に小型化しています

対して一眼レフカメラはそのままの映像を見る事ができる為、
動きものなどを撮影する際
画像に遅れ等がなく大変追尾しやすいなどまだまだ活躍の場があります

主にボディが5万円代から50万円(一般向け)レンズが1万円から30万(一般向け)

ミラーレスカメラではこのような写真が取れます▼

XF35mmF1.4画像

カメラの種類については以上になります

用途別に向いたカメラ

子供の成長を記録したいと言う方がほとんどではないでしょうか

綺麗な写真で残したい私もその1人です

ざっくり言いますとスマホで十分なのです

ボケに関しても最近はスマホ内での処理でも十分綺麗です

それではスマホで撮影が難しい写真についてどう撮影すればよいか説明していきます

▼カメラ機種選びにお悩みの方こちらもご参考ください

アイキャッチ

スマホでは撮影が難しい写真

運動会など動き回る子供
運動会など望遠レンズを必要とするシーン

望遠が必要とする状況(運動会や発表会など)走り回る子供(特に薄暗い時間帯や室内)などです

じっとしている子供はスマホでも十分に綺麗に撮れますし
アプリを使えばいくらでも加工する事はできます

しかし動き回る子供の写真を撮るには実はプロのカメラマンでも難しいと言われています。(不規則な動きをする為)

しかし良い機材を使う事によって撮影できる確率を上げる事はできます。

最近はSONYが有名ですが瞳AFという機能があります。iPhoneにも搭載されている顔認識をさらに進化させた方式です。

ポートレート撮影では、瞳に正確にピントを合わせることが重要です。ソニーのαカメラは瞳に正確にピントを合わせられるよう、瞳AF機能を備えています。設定したボタンを押すと、人物の瞳にピントが合います

SONY公式サイトより

SONYのスマートフォンXperiaなどにも搭載されています

こう言った機能を持つ機材を使う事により良い写真を撮影できる確率を上げる事が出来ます

次はカメラの画素数についてです

画素数について

さてあなたはどんな写真を撮影したいですか?

そしてその写真はどうご覧になられますか

プリントして残される方
スマホ画面でそのまま保存される方
iPadなどのタブレット
テレビなどでご覧になる方もおられるでしょう

カメラで撮影した画像にはには画素数と言う物が存在します

画素数が多い方が綺麗だと思われる方が多いのではないでしょうか?
確かにそれは真実です
画素数が多い方がより細かな情報がありますから綺麗にはなります

でも今話題の4Kテレビですが、画素数にすると800万画素になります
フルHDと言うまだ一般的な規格のテレビでも200万画素です
そしてiPhoneなどのスマートフォンでのカメラの画素数はおおよそ1200万画素のカメラを搭載しています

つまり拡大してみない限りはiPhoneなどのスマートフォンでも十分な画素数があると言う事です。

あなたが見てるスマホの画素数は?

スマホの画面でご覧になられる方、そのスマホのモニターの画素数どれぐらいかご存じですが?

最近高性能なスマホには4K解像度つまり800万画素のモニターが搭載されていたりします。

私が使用していますiPhone12は2532×1170ドットでおおよそ290万画素になります

ここで気づかれる方もおられるかもしれませんが、iPhoneで撮影した写真は1200万画素

しかしモニターに映っているのは290万画素だと言う事です
画素数が多い事確かに利点もありますが
表示できない画素数があってもあまり意味がない事に気づかれたのではないでしょうか?(拡大してみれば画素数が多い分綺麗ではあります)

一般の方が利用する大きめのサイズA4ぐらいのプリントでしたら1200万画素でも十分と言う事になります

画素数が多い写真は一部分だけ切り抜くトリミングなど行うのに便利な反面、

デメリットとして
一枚あたりの画像データの大きくなり容量を圧迫する恐れがあります

つまりカメラで言いますと
SDカードと言う外部メモリに保存できる枚数が少なくなったり
スマホに保存できる写真の枚数が少なくなってしまいます

画素については以上になります

センサーサイズ

α7Cフルサイズイメージセンサー

コンデジやらミラーレス(一眼レフ)カメラはセンサーのサイズが大きな物があります。

クリアで透明感のある写真や立体感のある写真が撮影できますが
センサーが大型化すれば良いことばかりではありません
センサーが大きくなればそれに使用するレンズも大型化し
大変大きく高額で重くなります

ざっくり説明すると画像を作り出すイメージセンサーが大型化するとピントの合う範囲と言う物がシビアになってきます
その利点を生かしたのが背景をボカしたりする事で背景をぼかすことにより被写体を立体的に見せる事ができるようになります

対してピントが全部にあったような写真を撮りたい方にはスマホなどのセンサーが小さいカメラの方が最適です

利点としてはセンサーが大きいザラザラ感が少ない写真を撮る事ができます

しかし旅行に行くにもお出かけするにも大きくて重たいカメラは不便になります。

レンズのF値

レンズのF値とは光を取り込む事ができる量の事を言います
元のレンズ(センサーサイズに依存する)によりますが
このF値は小さい数字ほど取り込む量が多くなります
そしてピントが浅くなります

つまりiPhoneなどのレンズのF値と
ミラーレスカメラのレンズのF値同じ大きさなら
センサーの大きさに対して同じ光の量を取り込むという事です

光を取り込む量が多くなればシャッターが開いて光を取り込む時間が早くなり
光を取り込むのに時間がかかるとシャッターが空いている時間が長くなります

例えば動き回る子供を撮影する場合はシャッターが早く切れた方が子供がブレない写真を撮る事ができます

またF値の小さなレンズセンサーサイズにもよりますがは高価になります。

まとめ

あなたは写真をどうご覧になりますか?
プリントですか?
もしくはスマホでそのままご覧になりますか?

画素数が多いカメラを買ってもあまり良い事はありません

室内で動き回る子供撮影をしてみたいですか?

その動きを止めるための早いシャッタースピード追従する為の高性能なフォーカス性能を必要とします

その為には大きめのセンサーサイズ
F値の小さな明るいレンズ必要となってきます

つまり何が言いたいかと申しますと、室内で走り回る写真が撮りたい場合は機材に高額な投資が必要となると言う事です。

カメラを趣味としない方がカメラに高額な投資をしても大変だと思うからです
思い出は確かに必要です

しかしすべて万能に撮れるカメラなどありません
状況に応じて使い分ける必要があると言う事になります

もちろん高いカメラが悪いと言う事はありません

皆様にもう一度その高性能な高額な機材が本当に必要かよく考えてみてください

次の記事では子供向けカメラの説明記事になっています。よかったらごらんください

フルサイズカメラ アイキャッチ

参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA