【誰でも簡単】タグ内コードが追加できる Insert Headers and Footersを紹介

Insert Headers and Footersアイキャッチ
Insert Headers and Footersアイキャッチ

WordPressでブログを作られたり、サイトを作られる方が多くなってきたのではないでしょうか?

簡単に色々できるようになったWordPressも、アクセス解析アドセンス広告などの各種コードを追加するとなると、めんどくさい方や苦手な方もいると思います

WordPressテーマによってはHTMLタグへのコードの記述が簡単に出来るテーマもありますが、全部が簡単に出来るというものでもありません

コード記述とは

コードを書きしるすということです

わかりやすく説明しますと、アクセス解析やアドセンス広告などの各種サービスから提供されたをコード利用する為にWordPressソースコード内に追加するということです

ソースコードを扱うため、変にいじってしまい、表示がおかしくなることもある

だから恐くてやらない

そういう方もおられるのではないでしょうか?

初心者でも安心して使える

もっと簡単にコードの記述できないかな?って思っているそこの皆さん

この機会に是非「Insert Headers and Footers」を利用してみましょう


導入すれば簡単に<head><body>ダグ内にコード記述することができます

この記事では

安心で簡単にコード記述が出来るプラグインInsert Headers and Footersについて

  • メリット
  • 出来ること
  • 使い方

の順で紹介していきます

それでは紹介していきます

コード記述にInsert Headers and Footersを使用するメリット

<head><body>ダグへのコード記述はWordPressのテーマエディタを利用することで変更することが可能です

使用しているテーマによっては、<head>や<body>タグそのものを隠してあるテーマもあります

またテーマエディタを使用してコード記述を行うと既存コードを誤って消してしまったり間違えてしまうと大変のことになる場合もあります

最悪の場合ブログ表示がおかしくなる可能性もあるのです

でも難しいからやらないで置こうというわけには行きませんよね?

そこで「Insert Headers and Footers」使って簡単にコード記述行いましょうといった流れになります

シビスケ

基本的なことではありますが、WordPressのテーマを変更する場合は子テーマを選びましょう

Insert Headers and Footersで出来ること

Insert Headers and Footersを使用するとコード記述を簡単に行うことができます

<head>タグ内へのコード記述
<head>タグ内へのコード記述主にアドセンスコードやアフィリエイトなどに使えわれます
<body>直下 or </body>直前へのコード記述
コードは上から読み込まれていきますので、先に読ませるか最後に読み込むかといったコード記述の場所を選ぶことができます
シビスケ

私が記事で紹介しているIPアドレスを確認できるツールリサーチアルチザンプロ解析コードも簡単に設置することが可能です

リサーチアルチザンプロについてはこちらもご覧ください

アイキャッチ

Insert Headers and Footersの使い方

それでは使い方を説明していきます
まずはInsert Headers and Footersインストールしていきましょう

Insert Headers and Footersインストール方法
WordPress追加プラグイン画面
Insert Headers and Footers有効化画面
プラグイン Insert Headers and Footers

プラグインを利用する場合は右下の赤枠内に記載されている最終更新互換性必ずチェックしましょう

導入手順1
  • ①WordPress設定画面よりプラグイン新規追加をクリック
  • ②キーワードに「Insert Headers and Footers」入力
  • ③Insert Headers and Footersを今すぐインストールをクリックします
  • ④インストール完了後有効化をクリックしましょう

有効化されれば次はInsert Headers and Footersを利用したコード記述について紹介していきます

シビスケ

WordPressはプラグインによる問題が起きても自己責任です
更新されているか?互換性があるか?ご自身でしっかりと確認してくださいね
バックアップを取っておくと安心ですね

コード記述のやり方

有効化が終わりましたら早速コード記述していきましょう

Insert Headers and Footers使い方
WordPress設定画面

まずはコードを記述するためWordPressの設定にあるInsert Headers and Footersをクリックします

クリックしますとコードを記述する箇所が以下の3ヶ所出てきます

scripts in Header
<head>内にコード記述したい場合ここに貼り付ける
scripts in body
<body>タグ直下にコード記述したい場合はここに貼り付る
scripts in Footer
</body>タグ直前にコード記述したい場合はここに貼り付ける

画像で解説します

<head>タグ内
<head>タグ内記述場所
<body>タグ貼り付け位置
<body> </body>コード記述場所

コード記述を行ったら最後にSaveを忘れずクリックで完了です

シビスケ

Saveして完了できない場合サイトセキュリティが働いています
各種サーバーのセキュリティWAF機能を一時的にOFFにすることでSave出来ます
完了後WAFをオンにするのを忘れないようにしましょう

コード記述プラグインInsert Headers and Footersのまとめ

Insert Headers and Footersは初心者でも簡単にコード記述が出来るプラグインです

テーマエディタでの編集と違い、必要な箇所にコード記述ができるので、WordPressの操作になれてない方におすすめのプラグインになります

誤って必要なデータを消すことも無いため、ブログが表示されなくなるなどのトラブルもありません
私が使用しているテーマストーク19のように、カスタマイズからコード記述が簡単に出来るテーマもありますのでまずはご自身のWordPressをご確認の上ご利用ください

またプラグインなどを使用すると、ページスピードに影響を与える場合もあります
こちらを参考にしてぜひページスピード改善してみましょう

アイキャッチ

ここまで読んでくださりありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA